対象となる人

外国の男性

過去に利息制限法をはるかに超える金利で消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などのキャッシングを利用されていた方は過払い金が発生していた可能性があります。特に2010年以前に借入履歴のあった方は、その対象になっていることがあります。たしかに2010年以前に借入したいたことがあったが何%で契約をしていたかも覚えていない、当時の契約書類や利用明細、カードも持っていないといった場合でも法律事務所に過払い金の相談をすれば、取引していた会社名さえ分かればあとは法律事務所のほうで対応してくれます。現在2015年ですので法律が改正されて5年以上経過しています。はやめに過払い金の請求手続きをしないと時効で権利がなくなりますのでおやめにすることです。

テレビCMで、過払い金のことにやっていたけれど自分もその対象なのかどうか、それは金融機関と何パーセントの金利で契約をされていたかによります。利息制限法では、10万円未満の限度額が20%、10万円以上100万円未満の限度額が18%、100万円以上の限度額が15%を上限金利としています。契約したいた当時の利用限度額と金利を照らし合わせて利息制限法以上の金利で契約をされていたとなると過払い金が発生している可能性が高いです。ただし、いくら法律の金利を上回る金利で契約をしていたとしても取引期間が短いとなると発生していないこともあります。5年以上にわたって限度額内の借り入れや返済を繰り返しているとなると確率は高くなります。