整理をする

本棚に入った沢山の本

メディアでも取り上げられることが多くなった債務整理は、現在弁護士でも無料相談会を行なっています。また、そのまま放置しているのは自分自身損になる可能性もある為、それを解決させる為にも債務整理相談は不可欠でしょう。

Read more

ノウハウ

法廷で使う小槌

任意売却を行う際には、専門家に相談することが大事です。専門家に相談することで、任意売却のノウハウを把握することができます。ノウハウを理解することができるため、損をする売却を行なう心配がありません。

Read more

対象となる人

外国の男性

「利息を払い過ぎているかも・・・」と、過払い金が発生していた可能性のある方は、たくさんいます。過払い金請求をするには、まず自分が対象者であるかどうかを確認しましょう。

Read more

相続の流れ

外国の女性

家族がなくなった場合には葬儀や納骨といったことだけでなく、財産の相続も行わなければなりません。財産の相続には遺言書の通りに行うだけでなく、法律に従ったやり方もあります。

Read more

ノートパソコンとコーヒー

借金で生活をしているという場合、いずれ借金することも出来なくなり返済に追われることになりかねません。
借金で悩んでいるという場合は早めの相談が重要になります。
特に闇金融といった違法な賃金業で借金をしている場合は利息分の返済で精一杯になることもあります。
どう考えても自分一人でどうにか出来るものではないと悟った場合は、債務整理という方法を選択することになります。
債務整理は借金の整理のことで、任意整理と民事再生、自己破産も種類があります。
任意整理とは金融業者と相談し借金整理に動くことを指し、借金分から金利を下げた元本を支払います。
元本分の支払いに関しては新たに定められた期間で支払っていくことになります。
この支払期間中は原則金利無しになり、元本返済に勤めることが出来ます。
債務整理を行うと不要な支払い分の過払い金を返済することが出来る場合もあり、人によっては高額になることもあります。

民事再生とは所有している職業を保有した状態で借金の額を大幅に減らすことが出来る制度で、住宅ローン以外の借金に適応されます。
5000万円以下の借金に対して、民事再生を申請することで大幅に借金額を下げることが出来ます。
一般的には5分の1程度の支払い義務は残るものの、支払いが完了すれば残りの返済義務は解消されます。
個人が所有している財産を借金返済に補填する必要がなく、民事再生による職業の制限などはありません。
民事再生に近いものに自己破産があります。
自己破産は高価な財産の全てを没収されることを条件に、現在借金している全額の支払い義務を解消することが出来ます。
これにより事実上借金から逃れることになりますが、生活していく上で様々なことが法的に制限されます。
例えば職業の制限やローンの禁止などがあり、免責が決まるまでの間は官報とよばれる情報誌に個人情報が記載され、掲載されます。
基本的に自己破産は最終的な手段であり、借金を帳消しにできるのと引き換えに様々な権利が剥奪されます。